秀和代官山レジデンス

公開日: 

人気のマンション「秀和代官山レジデンス」について語ります。

秀和代官山レジデンス01

住所 築年月

住所:渋谷区猿楽町9-5

築年月:1972年04月

マンション内設備 住環境について

秀和代官山レジデンスは、秀和株式会社によって1972年に分譲された高級マンションです。総戸数は190戸で、地上11階建てとなっています。

最寄り駅は、徒歩5分の場所にある東急東横線の代官山駅です。隣駅が渋谷駅であるだけでなく、東京メトロ副都心線と相互乗り入れしているため、乗り換えなしで新宿駅東口エリアや池袋駅へ行くことができるため、交通アクセスには恵まれています。また、徒歩8分程度で渋谷駅の埼京線ホームへも行くことができて便利です。

このマンションは商業地域に立地していることから、周辺環境は高級マンションや外国大使館、商業ビル、オフィスビルなどが混在しています。また、このマンションの隣の土地には小学校があることから、住民の多い地域であることがわかります。実際、このエリアは生活利便性の点では満足できます。具体的には、代官山駅前にはスーパーのピーコックストア代官山店があるため、日々の食品購入には困りません。また、代官山駅前には渋谷代官山郵便局があるため、郵便物やゆうパックを出したいときに便利です。
なお、このマンションのある猿楽町という地名は、古墳時代につくられた古墳(円墳)である猿楽塚に由来しています。もともと猿楽塚は2基ありましたが、大正時代に朝倉家がそのうちの1基を破壊してしまいました。すると、土中から武具が発見されたと同時に、朝倉家当主が奇病に罹患してしまいました。しかし、武具を土中に埋め戻したところ、朝倉家当主の病は恢復したといわれています。朝倉家の当主は、これをきっかけに残された猿楽塚の1基の上に猿楽神社を創建したといわれています。この猿楽神社は、現在はヒルサイドテラス内に現存しています。

外観は、白いスタッコ壁に青い色の屋根が特徴的な、ヨーロピアンなデザインとなっています。

建物設備の特徴としては、エントランスは夜間の時間帯のみオートロックとなっている点が挙げられます。このため深夜の時間帯に不審者がマンション内に侵入してくる心配はありません。

室内設備は、築40年以上経過しているマンションのため、各住戸によって仕様が異なります。リノベーション工事を実施して最新設備を導入している住戸があれば、最低限の設備の交換にとどめている住戸もあります。しかし、売りに出されるほとんどの住戸に対して、リノベーション工事が実施されており、浴室には追い焚き機能がつき、トイレにはウォシュレットが装備されている傾向が見られます。

間取りは、1R、1DK、1LDK、2LDKなどが用意されています。


このマンションに住んでみたい、空室状況が気になったら下記店舗までご連絡下さい!

秀和代官山レジデンス

【モダンスタンダード青山店】
東京都港区北青山3-6-21 青山岡田ビル7F 東京メトロ「表参道」B2出口から徒歩1分
フリーダイヤル:0120-9977-96
繋がらない場合:03-5774-1166


【モダンスタンダード銀座店】
東京都中央区銀座2-11-2 銀座2112ビル7F 東京メトロ「銀座一丁目」11番出口から徒歩1分
フリーダイヤル:0120-199-166
繋がらない場合:03-6226-6111


【モダンスタンダード新宿店】
東京都新宿区新宿2-5-10 成信ビル3F 東京メトロ・都営地下鉄「新宿三丁目」C1出口から徒歩2分
フリーダイヤル:0120-133-955
繋がらない場合:03-5362-3355

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑